アニメ

妖怪ウォッチ あらすじ 第26話 【コマさんシーズン3 恋とポエムとコーヒーと 5杯目】

コマさんシーズン3 恋とポエムとコーヒーと 5杯目

『もしオラが妖怪だとバレたら、もう2度と会えねー。

オラは人間に化けてあの子に会いに行った。

そんなあの子には、深い悩みがあったズラ』

 

watch-26_[95]

「恋とポエムとコーヒーと」

5杯目の始まりです♪

スポンサードリンク
watch-26_[96] watch-26_[97]

『私はやっぱりマンガ家に向いてないのかな?』

そう言って落ち込むあの子に、コマさんは理由を聞いてみます。

 

watch-26_[98]

あの子は、静かにマンガ家に向いてない理由を話し始めました。

 

watch-26_[99]

妖怪とか不思議なお話が書きたくてマンガ家になったのですが、

周りのみんなが、ありもしない妖怪のお話は面白くない!と否定するのでした。

 

落ち込むあの子に、コマさんは言ってあげたかったのです。

『妖怪はいる。君の目の前にいる』

でも、言ってしまえば、もう会えなくなるのが怖かったのでした。

 

watch-26_[100]

『コマさんは妖怪って本当にいると思う?』

 

watch-26_[102]

『どうかなズラ・・・』

いると思うって答えられないコマさん。

 

watch-26_[104] watch-26_[105]

そして、偶然クッキーを取ろうとした手が、触れ合います。

コマさんの中にあの子との記憶が再生されるのでした。

 

watch-26_[106] watch-26_[108]

あの子が小さい頃、神社のコマ犬に取りついてたコマさんの横を、通っていたのです。

あの子にはコマさんの姿が見えていました。

 

watch-26_[109] watch-26_[110]

(  ・ _ ・  )ジー

ソフトクリームに目が行くコマさん(笑)

 

watch-26_[111] watch-26_[112]

ひょいと移動させると・・

 

watch-26_[113] watch-26_[114]

ぐるんぐるん腕をまわしてみると・・

 

watch-26_[115] watch-26_[116]

目を回して倒れちゃいました!!

(≧∇≦)ブハハハ!

 

watch-26_[117]

コマさんは昔、あの子に会っていることを思い出したのでした。

 

watch-26_[118]

『やっぱり妖怪なんていないんだよ。

だからそんなマンガ書いてもしょうがない。。。』

 

落ち込むあの子に、コマさんは言いました。

 

watch-26_[120] watch-26_[121]

『妖怪はちゃんといるズラ。

知ったかぶりで、ソフトクリームみたいだけど、美味しくないやつとか。

トラックに突っ込んでばかりのやつもいるズラ!!』

世の中には不思議なことがいっぱいあるんだよ!って教えてあげたくなったのです。

 

watch-26_[125]

『それから・・・』

 

watch-26_[127] watch-26_[128]

覚悟を決めたコマさん。

 

watch-26_[129]

人間に化けられる葉っぱを取ってしまいました。

 

watch-26_[130]

コマさんは、ついにあの子の前に、妖怪の姿をさらけ出すのでした。

 

思い切って妖怪の姿をさらけ出したコマさん!

あの子の反応は次のページへ!

1 2